経営理念

 


英国移民法専門法律事務所として
当事務所は、英国における移民法全般において、質の高いリーガルサービスを提供することを使命とし、常にクライエントに寄り添い、親しみやすいサービスを心がけております。


専門性の高いスタッフ
クライエントに対し、正確で効率よく、分かりやすいリーガルアドバイスを提供するためには、有能で経験豊富な法律家の存在が不可欠です。当事務所では、プロフェショナルとしての自覚と倫理観を持った移民法のスペシャリストが、クライエントやその事業の発展に貢献することに力を注いでおります。


良心的な報酬体系
当事務所では、良心的で透明性の高い報酬体系を心がけております。クライエントとの良好な信頼関係なくしては当事務所の成功は成し得ないことを常に胸に刻んだ上で、基本報酬を提示することをお約束致します。

移民法専門のリーガルサービス


より質の高いリーガルサービスを実現するために最も重要なものは専門性であるとの考えから、当事務所では、すべてのサービスを移民法に特化して提供しております。当事務所のベテラン弁護士はこの分野で20年以上の経験を有しており、その他のスタッフに関しても移民法分野でのコミットメントが認められない限り採用は一切行っておりません。

なぜ弁護士(ソリシター)に依頼するべきなのか?


国内の経済情勢や世論に呼応するように政府によって頻繁に改正が繰り返される移民法は、英国法の中でも最も複雑な分野のうちの一つです。


個人の申請者、事業者を問わず、当事務所のクライエントの中には、当初は法律家の力を借りずに申請を試みたという方々が多くいらっしゃいます。近年の政府の動向を見ると、ビザ申請のシステムがより簡素化されたことがアピールされ、申請者は自力で申請を行うことを促されているようにも見えます。


ところが、現実の英国の移民法は非常に複雑で変化し続けています。ちょっとした法律の無知や、手続き上のミスが招く経済的な痛手は計り知れません。そのため当事務所は、すべてのビザ申請者に専門家のリーガルアドバイスを求めることをお勧めしております。申請書類や手続きには、申請者を惑わしミスを誘うポイントがいくつもありますが、その多くは簡単に防ぐことができます。

 

詳しい情報をお求めの方は、お気軽にご相談ください。

日本語対応ご希望の方はその旨も併せてご連絡ください。